山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号360 タイトル:通気門

最終更新日:
 
360
(解説文要約)
この絵でいう「門」は、坑内の空気の流れを確保するために、
空気の遮断が必要な場所に設けられる扉やのれんのことです。
自動式の扉も考案されましたが、炭車をぶつけるので故障が多かったようです。
壊れて開けっ放しになると、新鮮な空気が坑道の奥まで届かず、気分が悪くなる人もいたそうです。
 
 
 
 
“Mon” in this painting means gates or curtains which were installed in places where they were needed to block the airflow and secure the good underground ventilation.
Though automatic gates were also invented and used, they frequently broke because miners knocked their mine cars against them.
It is said that if they were left open from breakage, some miners became sick because the fresh air did not reach the pit bottoms.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4508)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa