山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号573 タイトル:重圧(2)と柱

最終更新日:
 
573
(解説文要約)
重圧で、坑内の天井が落ちてきている様子を描いた作品です。
前兆として柱の上部に挟んでいるクサビがパチパチと音を出し始め、
柱の節目などからもバリバリと折れる音がし始めます。
ヤマではこのような状態を荷が来たと言い、
地圧で天井が崩落して危険なので、すぐに避難しなければなりません。
しかし、この重圧で石炭層も崩れてきて、石炭を容易に採ることができるため、
危険を冒して、採掘する人もいました。
 
In this painting the drive ceiling is depicted as gradually lowering from the earth's pressure.
When this occurred, the wedges that are stuck between the top of the pillar and the ceiling started to make a snapping sound. 
The joints of the pillars also started to make breaking sounds.
All miners took this as a sign of oncoming danger of a roof fall, requiring immediate evacuation.
However, with such a roof fall, the coal seam above also would fall, making it very easy to dig for coal.
Weighing the benefits of surviving a roof fall or easily mining coal, some miners took the risk of staying in the pit rather than evacuating.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4476)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa