山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号536 タイトル:キセルの竿替え

最終更新日:
 
536
(解説文要約)
明治後期から大正中期にかけて、キセルの竹の部分の交換をする行商人が炭坑を訪れていました。
キセルは、タバコを入れる部分と吸い口は金属でできていて、それを竹の筒でつないでいます。
古くなると、竹筒の部分の交換が必要になります。
ヤマでは、喫煙具にお金をかける人が多かったそうです。
 
 
 

Around 1920, there was a merchant who visited the coal mines to replace bamboo stems for Kiseru, tobacco pipes.
The bamboo stem was the part that connected the metal mouth piece and the metal tobacco bowl and needed to be changed when it wore out. 
Miners tended to spend quite a bit of money on their smoking habits.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4472)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa