山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号534 タイトル:魚行商人

最終更新日:
 
534
(解説文要約)
内陸部のヤマには魚屋はなく、魚売りの行商人が来ていました。
明治時代、冷凍技術はなく運送時間もかかることから、夏場は塩ものか乾物だけでした。
描かれているのは魚行商人の松さん。
夏になると、ひどく臭い塩鯨を売るのが有名で、
臭いものを「松さんのクジラの如し」と言っていたそうです。
しかし、安かったので売れていたようです。
 
 
There were no fish stores in the collieries located inland, and instead, fish merchants visited these mines to sell fish.
Because it was around 1900 there was no technology for freezing fish, and transportation took a certain amount of time.
Thus, fish were sold only salted or dried during the summer time.
Illustrated in this painting is the fish merchant, Matsu-san.
The strong smelly salted whale meat he sold was so famous that miners expressed anything that had a strong smell with the phrase, “It stinks like Matsu-san’s whale.”
Despite of the smell, this meat was cheap so it sold quite well.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4470)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa