山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号521 タイトル:日清戦争のノゾキ絵

最終更新日:
 
521
(解説文要約)
娯楽が少ない炭坑町に、時々ノゾキと言われる見世物が来ていました。
大きな箱のレンズをのぞいて、講談を聞きながら紙芝居や絵を見るものです。
ノゾキは日清・日露戦争などの戦争ものが多く、
作兵衛翁もノゾキで見た絵として、戦争の絵を多く描いています。
この絵は、日露戦争での橘周太中佐の戦いぶりを伝えるものです。
 
 
 
In colliery towns there was not much entertainment, but a peeping play called Nozoki visited the mines once in a while.
Miners could peek into a glass lens and watch slide picture shows while listening to the historical stories about them.
Many stories were about the First Sino-Japanese War or the Russo-Japanese War, and therefore,
Sakubei drew many paintings of the wars he saw at these Nozoki shows.
This painting tells about the heroic battle of Lieutenant Shuta Tachibana.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4468)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa