山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号492 タイトル:坑内ネズミ

最終更新日:
 
492
(解説文要約)
比較的浅い炭坑では地上から侵入したネズミが居ついていました。
柱や枠に掛けている風呂敷包みの弁当を風呂敷を食い破り、あらしていました。
「ワァーまたやられたー今日もナグレじゃー」。
炭鉱労働者は重労働ですから、昼飯を食べないと力がでず、午後は仕事にならなかったようです。
 
 
 
 
At coal mines relatively close to the ground level, mice remained to live underground in the mines.
They stole food from the miners’ lunch boxes by chewing through the cloth that they used to hang from pillars off the ground.
Coal mining required a lot ofenergy, and without lunch, miners felt too weak to continue working in the afternoon.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4462)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa