山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号483 タイトル:羽釜坑夫

最終更新日:
 

図録番号483 タイトル:羽釜坑夫

483
(解説文要約)
「刃釜坑夫」とは、同じヤマに定住しない炭鉱労働者につけられたあだ名です。
刃釜はかまどから降ろすと台がないとクルクルして定まらない。
その様子から、一か所に定まらず、年中ヤマを移動する炭鉱労働者に例えてつけられたあだ名です。
 
 
 
 
 
“The Hagama Miner”, is a nickname given to a miner who could not settle down and changed coal mines frequently.
Hagama, a rice cooking pot, had a round bottom to be fit in a stove, and could not be placed on the ground without wobbling.
Therefore, miners who could not stay in one coal mine for a long time, and moved from one coal mine to another throughout the year, were given the name Hagama.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4460)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa