山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号476 タイトル:ヤマの救済法 其の三

最終更新日:
 
476
(解説文要約)
貧困者の救済として、ヤマでは頼母子講(たのもしこう)を作ることがありました。
参加者から掛け金を集め、抽選し、当選者に賞金を与えていました。
もちろん、貧困者には掛け金をださせないので、損することはありません。
 
 
 
 
 
Miners developed a system somewhat like a lottery,
where they contributed a set amount regularly to a mutual fund which they would then have a drawing to see who would collect the pot. 
This was a way to support each other and those suffering from poverty.
There was no great loss for the miners that were too poor to pay into the fund as they were not required to pay the premium.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4459)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa