山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号474 タイトル:ヤマの救済法 其の一

最終更新日:
 
474
(解説文要約)
明治時代、病気や怪我などで困窮している仲間を助けるために、
興行の収益を義捐金に充てるのも一つの方法でした。
この絵は、当時人気があった直方のヤスヘイさんの講談です。
右手に持っているのはシャクジョウと呼ばれる調子をとる道具です。
リーンリーンと鳴らし、話を盛り上げていたそうです。
この収益から義捐金が困窮者に渡される。ヤマの助け合いでした。
 
 
Around 1900, events and shows were held to raise money to donate the profit to co-workers who suffered from poverty because of ailing health or injuries.
This is a painting of a popular historical talk show by Yasuhiei from Nogata.
Yasuhei is holding an instrument called Shakujo to keep a quick pace to his lively performance.
He continually slapped it to keep a melodic rhythm to entertain the miners.
Miners would help each other by giving money to those in need from the profit of this event.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4457)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa