山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号471 タイトル:ヤマの大納屋

最終更新日:
 
471
(解説文要約)
短期間でヤマを渡り歩く独身の炭鉱労働者は、
大納屋というところに着の身着のままで寝泊まりしていました。
特に娯楽がない時代、彼らは酒を飲むか賭博をするのが休日の過ごし方。
明治28年頃貸本屋がヤマを訪れだし、小説を読む者もいたそうです。
1週間借りて一冊3銭から5銭。講談ものばかりでした。
 
 
 
Single males in the mines who wandered from one coal mine to another with only the shirts on their back, stayed in a dormitory style room called an Oonaya.
In those days there was not much in the way of entertainment for the miners so they usually spent their holidays drinking or gambling.
From around 1895, rental book shops visited the coal mines, allowing miners to borrow books for 0.03 yen to 0.05 yen a week.
They mostly read historical stories.
After listening to this incredible story, many miners left their mines for Akizuki, and in this painting, the colliery personnel is blaming the woman for spreading such rumors.
Newspapers existed around 1900, but they were expensive costing 0.5 yen for a one month subscription.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4455)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa