山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号451 タイトル:飲料水

最終更新日:
 
451
(解説文要約)
ヤマによって違いはあっても、往々にして水の確保には苦労していました。
遠かったり、鉄分が多くて飲めなかったり、季節によって枯渇したり。
描かれているのは、「タゴ」と呼ばれる担い桶です。
木製なので乾燥すると水が漏るため、湿らせてから使っていました。
 
 
 
 
While situations differed from mine to mine, finding a constant water supply was a major concern for miners.
Some springs were located far from their housing, or sometimes the water was not even suitable for consumption because of its high iron content.
Depending on the season, wells were even known to dry up.
The buckets illustrated in this painting were called Tago.
They used these wooden Tago after first soaking them because water would leak from them when they were dry.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4454)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa