山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号437 タイトル:売勘場

最終更新日:
 
437
(解説文要約)
賃金はそのヤマでしか使えないキップや炭券と呼ばれるもので支払われていました。
その切符が使えるのは、売勘場と呼ばれるヤマの売店。
商品は全体的に値段が高めで、量り売りでは少なめに測られ、文句を言えば売ってもらえず、
坑夫の妻たちは泣き寝入りするしかなかったようです。
 
 
 
 
Miners' salaries were paid by vouchers called Kippu or Tanken instead of cash.
These vouchers were only valid at colliery-owned or affiliated shops called Urikanba.
These shops tended to charge higher prices than shops outside the mine and measured less when selling by weight.
While this was very unfair, miners’ wives had no choice but to accept what was given because if they complained, the shop owners could refuse to sell them anything.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4449)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa