山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号429 タイトル:勘引き

最終更新日:
 
429
(解説文要約)
後山は、坑内で石炭を炭函に積み込んだ後、その炭函に掘った人の名札をさげます。
引き揚げられた炭函は、その後、検炭係から量と質の検査を受けます。
量不足にはバツ印、ボタが混じっているものには丸印。横線はその割合を意味します。
その分賃金から引かれるわけですので、検炭係と後山はいつももめていたそうです。
 
 
 
 
After loading coal into a coal skip in the mine, Atoyama the carrier would then hang a name tag on the skip showing who loaded the coal.
The coal skips were then carried out from the pit, and inspectors would check the quality and output of each of them.
The inspector would note with chalk on the tag the amount of useless stones by drawing lines in the circle.
The lines above the cross would tell how much coal was lacking from the required amount.
Miners’ wages were cut according to the numbers of lines on the tag, causing inspectors and Atoyama to often be at odds.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4448)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa