山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号392 タイトル:チェーンコンベアー落口

最終更新日:
 
392
(解説文要約)
切羽で採掘された石炭は、チェーンコンベアーで運ばれ、水平坑道への落ち口から炭車に積み込まれます。作兵衛翁がいた日鉄稲築坑は、1935年頃までローラーでチェーンコンベアーの石炭を受けていましたが、
あまりにも邪魔なので取り外されて改善されたようです。
 
 
 
 
 
In this picture we can see how the extracted coal was carried by a chain conveyer from the coal face to the coal skip at the horizontal drive.
At Nittetsu Inatsuki Pit where Sakubei worked, an electric roller conveyer was used until around 1935.
The roller tended to hinder the miners work more than help, so it was removed and the equipment renovated.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4444)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa