山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号384 タイトル:為摺=すらせ

最終更新日:
 
384
(解説文要約)
炭車を坑内でカーブをさせる時に役立ったのが「スラセ」と呼ばれる脱線防止装置です。
丸の中に描かれているように、脱線しないようにカーブに沿って作られていました。
作兵衛翁も鉄製のスラセを作ったことがあると記しています。
 
 
 
 

Surase is a safety device installed on curves in coal car drives to prevent derailing accidents.
As illustrated in the painting in the upper right circle, a rail running along the curve supported the skips from falling over.
Sakubei notes he himself had the experience of making iron Surasewhen still working at a mine.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4442)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa