山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号371 タイトル:ベルのない明治中期の信号

最終更新日:
 
371
(解説文要約)
明治時代後半、坑内から地上の巻揚げ機運転係へはワイヤーロープを引っ張って合図を送っていました。
坑口から1,000メートル近く離れると、とても力がいります。
まっすぐワイヤーロープを引けないところや1,000メートルを超えるところでは、
中継所を設ける必要もありました。
ここに描かれているのは、坑内の炭車運搬係のサオドリと言われる作業員が合図を送っている様子です。
 
 
 
Around 1910, miners in the pit pulled a wire which was connected to a bell on the ground level to send signals to a winch machine driver.
When this wire ran as long as 1000 meters from the coal cars to the ground level, it required great strength to pull.
At some places where wires could not run straight, or the wires stretched over 1000 meters, a relay station was set up.
Depicted in this painting is a scene where Saodori, the coal car transport man, is sending signals to the winch machine driver.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4437)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa