山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号367 タイトル:セナ運搬

最終更新日:
 
367
(解説文要約)
この女性が使っている石炭運搬具をセナと言います。
明治時代の前半(1900年頃まで)、設備が整っていない小さな炭坑での搬出や、
設備が整っている大規模炭坑でも、採炭現場から主要坑道までが登りの場合に使われました。
前のカゴが昇りやすいように傾けてあります。右手に持っているのはシュモクと呼ばれる杖。
しかし、このセナを使いこなせる後山(あとやま)は少なかったようです。
 
 
 
This Atoyama is shouldering a carrying tool called a Sena.
They were used at small sized coal mines where the infrastructure was weak, or even at well-equipped large sized coal mines where the drives from coal faces to the main drive was at an angle.
They had to tilt the front basket at more than a 45 degree angle in order to carry it.
The short stick in her right hand was called a Shumoku.
Carrying of this Sena required great strength and technique that very few female Atoyama had to make full use of it.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4435)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa