山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号354 タイトル:ハンドルポンプ

最終更新日:
 
354
(解説文要約)
明治中後期の排水ポンプが描かれています。水を吸い上げ、押し上げます。
大変な労力を要し、力持ちでも長時間続けることはできませんでした。
このころから、蒸気ポンプが導入されはじめますが、
経費が掛かることから、すべてのヤマに設置されることはなかったようです。
 
 
 
 
This is a painting depicting a drainage pump around 1900.
The two miners pushed the handle back and forth with great strength to suction out water.
It was incredibly hard labor--so much so that even the strongest of men rarely had the stamina to perform it for long periods of time.
It was during this time that steam pumps were gradually installed in coal mines, but because of the great expense, not all mines were able to install them.
Instead, manual pumps like these were often used.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4433)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa