山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号351 タイトル:ヤマの修繕方再記

最終更新日:
 
351
(解説文要約)
修繕方(しゅうぜんかた)が坑内を通す鉄管の接続部分を加工している様子です。
鉄管にフランジと呼ばれる接続部品を取り付けています。
鉄管をたたき広げ、しっかりフランジを固定します。
出来上がると、地上から送り込む蒸気管や坑内の水を汲み出す排水管などとしてつなぎ合わせられます。
 
 
 
 
This is a painting depicting a group of Shuzenkata.
These repairmen are processing a joint part of an iron pipe to install in the pit.
They are attaching a joint called a flange onto the iron pipe.
After inserting the iron pipe into the inner hole of the flange, they hammer the open edge of the pipe to secure it.
These pipes were used to send steam into the pit, or as drain pipes to pump out ground water.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4431)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa