山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号347 タイトル:硬子積

最終更新日:
 
347
(解説文要約)
大きな岩を積み上げ、天井と地盤の空間を埋めていきます。
これをボタコヅミといいます。2メーター四方を大きな岩で囲み、中に小さな石を詰め込んで作ります。
完成した後、徐々に天井が重圧で落ちてくると、圧縮され強固なものとなります。
 
 
 
 
 
Botakozumi,walls made of discarded rocks sorted out while mining, were used to strengthen the coal drive. 
They made these walls by first creating the surface of the wall by piling up large rocks in a 2meter square, and next, by strengthening their foundation by adding small rocks into the crevices of these squares.
As the drive ceiling lowered from pressure,the rocks were compressed which strengthened the structure of the wall.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4430)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa