山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号345 タイトル:磐打ち 壁巻き

最終更新日:
 
345
(解説文要約)

坑道は、時間が経つにつれ、重圧で天井、壁、地盤が押されて狭まってきます。

ですから、常に補修などの保守が必要となります。
この保守を行うのは仕繰方と呼ばれる人たちです。
シクリカタも、先山・後山のペアーで仕事に取り組んでいました。

 

 

 

 

Because of the intense pressure, ceilings and walls of the driveway in the pit narrowed over time.
Constant repair and maintenance were required to prevent this.
The people responsible for this maintenance were called Shikurikata.
Shikurikataconsisted of a pair of Sakiyamaand Atoyama, usually a married couple.

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4429)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa