山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号344 タイトル:技術が必要な仕繰方

最終更新日:
 
344
(解説文要約)
天井が固い岩盤の場合でも、重圧で徐々に下がってくることがあります。
この絵には、シクリカタが柱をたてる穴を掘り下げている様子が描かれています。
先山が持っている鉄の棒は、ナガカスガイという道具です。
後山は、坑内では坑木を肩には担がず、腰にのせて運んでいました。
 
 
 
 
Even in drives where the ceiling was solid rock, it gradually lowered from the earth's pressure.
In this painting, the two miners calledShikurikata are digging holes to set pillars to support the ceiling.
Sakiyama,the male Shikurikata, is holding an iron stick called Nagakasugaiin his hand.
Atoyama, usually a female helper, would carry pillars on their lower back, not on their shoulders, when working underground.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4428)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa