山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号339 タイトル:仕繰方 枠入 先山 後山

最終更新日:
 
339
(解説文要約)
坑道の天井や壁を支える枠入れをしている様子です。作業をしているのはシクリカタと呼ばれる人たち。
天井の高い方の柱は、穴をしっかり掘り内側に少し傾かせます。
炭車が通るレールは、天井が低い方に寄せて設置されるので、
天井が低い方の柱は傾かせることはできません。柱は、細い方を根元にします。
重圧がかかっても、捻じれたりしないように組み上げるには、高度な技術を要しました。
 
 
 
This is a painting depicting a scene where Shikurikata are installing frames to support the drive ceiling and walls.
Shikurikata are the specialists who are in charge of repairing and constructing coal mine infrastructures.
When building the framing to a horizontal drive, the taller pillars had to be placed on an incline with the base of the prop buried deep into a hole. 
The shorter pillar under the lower portion of the ceiling was built so as to avoid hitting coal skips.
This is because coal skips always ran closer to the lower ceiling.
The thinner end of the pillar was used for the base on the ground, and the thicker end for the top.
This construction required a great amount of skill to install so the framework would not wrench under heavy pressure.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4426)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa