山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号337 タイトル:木子積

最終更新日:
 
337
(解説文要約)
坑内の天井を支えるために、坑木を積み上げて、柱を作っている様子です。
この柱を「キコヅミ」と言います。
また、木枠の中にボタを詰め込んだものを「ミコヅミ」、
木枠だけのものを「カラコヅミ」とも呼んでいました。
坑木費と人件費がかかることから、明治時代の小ヤマでは、
ほとんど作られることはなかったようですが、天井落下防止策としては有効な手段でした。
 
 
This is a painting depicting a miner constructinga pillar by piling up pit props.
This pillar is known as Kikozumi.
This was also called Karakozumi,and when stones and rocks were stuffed inside this structure, the pillar was called Mikozumi.
It was an efficient way to prevent ceilings from collapsing,but because of the great expense for materials and labor,
it was rarely introduced in small sized coal mines around 1900.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4425)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa