山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号320 タイトル:炭丈六〇センチ以下の切羽での採炭

最終更新日:
 
320
(解説文要約)
石炭層の厚みを「スミタケ」と言います。
スミタケが60センチ以下の採炭現場では石炭を運び出すのも難しかったそうです。
薄いところでは45センチほどのスミタケの所もありました。
炭層の厚さによって採炭する姿勢も変わります。ここに描かれているのは、座り掘り。
明治の中ごろ炭鉱労働者たちは、特に暑くなくても
裸で作業をするのが習慣だったと作兵衛翁は記しています。
 
 
The width of the coal seam is expressed with a term known as Sumitake.
It was difficult work to carry out coal when the Sumjtakewas less than 60 centimeters high.
There were some coal faces where the Sumitakewas even as narrow as 45 centimeters.
Miners had to change their digging position according to the width of the coal seam.
Here in this painting, miners are forced to dig in a squatting position.
Around 1900, Sakubei describes how miners commonly worked half naked even when it was not that hot.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4421)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa