山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号313 タイトル:マイト孔刳り

最終更新日:
 
313
(解説文要約)
岩盤掘進のためダイナマイトを仕掛ける穴を掘っている様子が描かれています。
作兵衛翁が描いた炭鉱労働者の多くは刺青をしています。
昔、ヤマでは刺青のない者は一人前とされていなかったそうです。
しかし、明治34年頃から、だんだん若者も刺青を入れなくなっていったと作兵衛翁は記しています。
 
 
 
 
This is a painting depicting a miner digging a hole to insert dynamite to excavate rock. 
As Sakubei illustrates here,this miner has a tattoo on his back.
In olden days, it was difficult to find someone without a tattoo.
However, from around 1901, Sakubeiexplains that tattoos became less popular among young miners.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4419)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa