文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号251 タイトル:昔のヤマ人13

最終更新日:
 
251
(解説文要約)
明治41年ごろからヤマに姿を現しはじめた薬売りを描いた作品です。
アコーディオンを伴奏に、唄を歌いながら売りまわります。
ヤマの子どもたちに自分の姿を描いた紙を配っていて、とくに親しまれていました。
しかし、2・3年で姿を見せなくなってしまったそうです。
 
 
 
 
This is a painting depicting a medicine merchant who visited the coal mines from around 1908.
He sang songs and played an accordion to draw attention. 
This merchant was especially popular among children and would pass out flyers with his own portrait drawn on them.
He eventually stopped appearing at the coal mines within a couple of years.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4412)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.