山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号186 タイトル:むかしヤマの女19

最終更新日:
 
186
(解説文要約)
坑内に持ち込んだ弁当をネズミに食べられることがありました。
作兵衛翁はこれを「チュウ害」と呼んでいます。
食べられないように柱などに下げていても、風呂敷を破り食い荒らします。
ネズミにやられると午後は仕事にならなかったようです。
弁当箱は竹製で、底はスギ板。「クラガイ」とか「ガガ」と呼ばれていました。
 
 
 
As miners brought their lunch boxes to work with them underground, their lunch was sometimes eaten up by mice.
Even though they took precautions, such as keeping their lunch box hanging from pillars off the ground,
mice often found a way to chew through the cloth they used to hang the lunch box and stoletheir food.
When this happened, miners found it difficult towork in the afternoon as they were weak on an empty stomach.
Lunch boxes were called KuragaiorGaga. The base of the lunch box was made of bamboo and the bottom made of cedar board.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4407)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa