山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号183 タイトル:昔のヤマ人(6)

最終更新日:
 
183
(解説文要約)
女性が美しい声で「一つとせ〜」と数え歌に合わせて、
時の珍事を歌いながら炭坑住宅をまわっていました。
目的はその歌詞が書かれた紙の販売です。一枚二銭でした。
作兵衛翁が覚えていたニュースは、
現在の朝倉市甘木に天狗が現れ、神の泉でどんな難病も治していたというお話しでした。
話を聞いた多くの炭鉱労働者たちが秋月に行ってしまい、
困り果てたヤマの人事係が女性に八つ当たりをしている様子が描かれています。
明治時代、新聞はありましたが、一か月50銭程度したそうです。
 
In this picture, the woman depicted is someone who would walk around visiting the coal miners’
housing district singing in a beautiful voice to sell leaflets.
She used a counting song to chant about interesting incidents of the days.
In the leaflet were written these incidents which cost 0.02yen for one sheet.
In the text of this painting, Sakubei recalls one story told by one of these ladies:
A long-nosed goblin known as Tengu has suddenly showed up in current Akizuki, Asakura city,
curing any intractable disease with holy water.
After listening to this incredible story, many miners left their mines for Akizuki, and in this painting,
the colliery personnel is blaming the woman for spreading such rumors.
Newspapers existed around 1900, but they were expensive costing 0.5 yen for a one month subscription.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4406)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa