山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号161 タイトル:昔の大納屋

最終更新日:
 
161
(解説文要約)
独り者の「流れ坑夫」は、「大納屋」と呼ばれるところに寝泊まりしていました。
30から40坪程度の大部屋で、納屋頭領が管理していました。
「流れ坑夫」は家財をほとんど持たず、着物一枚でも持っている者は良い方でした。
明治の後半、ヤマにも貸本屋が現れ、一週間4銭から5銭で借りて読んでいる者もいたようです。
 
 
 
 
Single males in the mines lived together in a dormitory style room called an Oonaya.
Oonaya was a large room about 100 to 130 square meter supervised by a house master called a Nayatoryo.
Most miners who wandered from one coal mine to another,
had little to call their own so much so that even a spare set of clothes was considered an asset.
Around 1900, rental book shops visited the coal mines, allowing miners to borrow books for about 0.05 yen a week.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4400)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa