山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号150 タイトル:渇水期の水汲み

最終更新日:
 
150
(解説文要約)
明治時代、給水設備のない炭坑では、各家庭、飲料水の確保に苦労していました。
渇水期になると少量の水しか出ないので、水を入れて運ぶタゴが水汲み場に列をつくります。
水の節約から洗濯は坑内水で行うので、白いものも黒くなっていたと作兵衛翁は記しています。
 
 
 
 
 
Around 1900, miners had a hard time securing drinking water as there was no general water supply provided in some collieries.
During a drought, water was especially hard to come by,
as illustrated in this painting with the empty buckets waiting to be filled in front of the well.
They did the laundry using underground water from the pit to save water.
Sakubei explains how even white clothes turned black after being washed with pit water.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4399)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa