山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号146 タイトル:ヤマ人の燃料(3)

最終更新日:
 
146
(解説文要約)
狭い炭坑住宅では、右側に描かれたような容器をのせる器具を使って七輪を使う人が多くいました。
中には、ガラと呼ばれる石炭を一度焼いたものが入っています。
ガラをたくさん使うことと、灰が舞い上がるのが欠点でした。
左に描かれているのは、坑内から持ち帰ってきた石炭を屋外で一度焼いている様子です。
石炭は、そのまま火をつけるとものすごい煙とにおいがします。
ガラになりきらないまま室内に持ち込み燃やすと、
煙が長屋に充満しいさかいのもとにになることもありました。
 
Many miners used a Shichirin, a portable stove, to warm their houses.
Their living quarters were small, and as you can see on the right side of the painting,
they also used a Shichirin to warm water in a kettle or to place pots on top.
The fuel for a Shichirin was a type of coal called Gara that was pre-lit.
The faults with a Shichirin were that it consumed a lot of this type of coal, and its ash would flutter about the room.
On the left side of the painting, you see a woman burning coal outside to make Gara.
They had to burn the coal outside initially because of the smell and amount of smoke.
If they didn't burn it properly before bringing it indoors, smoke would fill into the neighboring houses, causing quarrels with neighbors.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4398)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa