文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号145 タイトル:ヤマ人の燃料(1)

最終更新日:
 
145
(解説文要約)
会社は品質の劣る二号炭を家庭用燃料として時々販売していました。
家で石炭を燃料として使う場合、煙と悪臭を抜くために一度焼いて「ガラ」にして使用していました。
ヤマの人びとは、ガラ焼き場で購入して家まで運んでいました。
 
 
 
 

The colliery company sometimes sold secondary quality coal as a fuel source for domestic use.
To use them at home as fuel, miners would light them once to reduce smoke and odor. They called this kind of coal Gara.
Miners bought Gara at the Gara burning place and carried the coal home.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4397)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.