山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号143 タイトル:むかしのヤマの女14

最終更新日:
 
143
(解説文要約)
共働きの夫婦が採炭を終えて、炭住に戻ってきました。
夫はヤマから上がると入浴を済ませ、ゆっくり晩酌。
一方、妻は入浴もソコソコに夫の食事の支度で大忙し。
「流し」は屋外なので、雨が降ると傘をさして炊事をしなければなりませんでした。
 
 
 
 
In this drawing a married couple has returned home from working in the coal mines.
The husband has already taken a bath and is now enjoying a drink,
while his wife barely had time to wash up herself, is now working busily to prepare her husband’s dinner.
As the kitchen was outdoors, when it rained she had to hold an umbrella while cooking.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4394)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa