山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号137 タイトル:移転

最終更新日:
 
137
(解説文要約)
炭坑を移ることはよくあったようで、小さい炭坑を頻繁に移動する炭鉱労働者もいました。
炭坑を移ると住まいも変わります。
絵のように家財道具を持っているのは良い方で、着の身着のままの引越しも多かったようです。
中規模以上の炭坑には、布団・蚊帳・ツルバシなどを賃貸する業者もあり、
独身者は「煙突目当てに歩いて行けば、飯にありつける」と、のん気に構えていたようです。
 
 
 
Moving from one coal mine to the next was quite common for miners of small coal mines.
Changing coal mines also meant changing residences.
The couple illustrated here seems to be quite equipped to move,
considering many miners of the time often moved only with the shirts on their backs.
Rental agencies in medium and large sized coal mines loaned out basic necessities such as futon mattresses,
mosquito nets, picks and other household items.
Unmarried single miners were optimistic as they thought if they just set out for a coal mine's chimney, they could find food and shelter.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4393)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa