山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号134 タイトル:むかしヤマの女(12)

最終更新日:
 
134
(解説文要約)
先山が入坑後、家事を終えた後山が、息子に乳児を背負わせて入坑する様子です。
大人が乳児をおんぶすると天井に頭をぶつけるので、まだ幼い兄や姉が背負って入坑していました。
そのため、子どもたちは学校をよく欠席していたようです。
託児所のない時代、乳幼児を他人に預けると謝礼を払わなくてはならず、大変でした。
 
 
 
 
This is a painting depicting an Atoyama, the carrier, entering the pit after finishing her household chores.
The Sakiyama, the hewer, has already entered beforehand, and the Atoyama is followed by her son with his baby brother on his back.
Because ceilings of the mine were usually very low, it was safer for small children to carry the baby instead of their mothers.
Therefore, children often missed school to help out in the mines.
There were no childcare facilities in those days.
Hiring a babysitter meant paying them out of their wages which was too much of a hardship for them.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4392)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa