山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号131 タイトル:むかしヤマの女20

最終更新日:
 
131
(解説文要約)
後山は昇坑してしばらくすると、勘量係室に当日の出炭検査を受けた自分の炭札を取りに行きます。
規定量不足やボタが多く混じっていると賃金が引かれるため勘量係に罵声をあびせる女性もいたようです。
 
 
 
 
 
 
After a couple of hours after leaving the pit, Atoyama, the carriers,
would go to the Kanryo room, inspection and scaling room, to pick up their Sumifuda.
These were the tags they placed on the coal skips they loaded.
The Kanryo would inspect that day’s output and quality to decide their wages for the day.
Some women were yelled at by the inspectors for not loading the required amount of coal,
or for including too many stones and rocks resulting in a cut of their wages.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4390)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa