山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号130 タイトル:勘引

最終更新日:
 

図録番号130 タイトル:勘引

130
(解説文要約)
後山は坑内で炭車に石炭を詰め込みます。その際、その炭函が自分のものであることを示すために、名前入りの木の札をさげていました。
その後、炭函は検査を受けます。これを勘量と言います。検査結果はチョークで札に書かれます。マルはボタ分、バツは規定量不足で、どちらも賃金から引かれます。これを勘引きと言います。
後山は一日の仕事を終えた後、勘量係りの所に札の受け取りに行き、チョークの印でもらえる賃金を知ります。
勘量係りと後山はいつももめていたそうです。
 
After loading coal in a coal skip, Atoyama, the carrier, would hang a wooden tag with her name on the skip to claim the ownership of the extracted coal.
The skips were examined later by an inspector, checking the output and quality of the coal. This inspection is called Kanryo. After Kanryo, the inspector would note with chalk on the tag the amount of useless stones in the skip, indicated by lines in the circle, or crosses telling of the shortage of required output.
At the end of the day, the Atoyama would visit the Kanryo room to receive their wages judged by these marks on the tags.
There were often quarrels between the Kanryo service men and the Atoyama resulting from these inspection results.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4389)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa