文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号111 タイトル:火番

最終更新日:
 
111
(解説文要約)
明治の中後期ごろ、坑内ガス爆発が多発しました。
そこで、裸火のカンテラから、炎をガラスなどでおおった安全灯を使うようになっていきました。
坑内は火気厳禁です。
安全灯は手入れの必要があります。
そこで、坑内に火番と呼ばれる安全灯を手入れする係りの人がいました。
風通しの良い所に場所を設け、年老いた坑夫がサービスにあたっていました。
タバコも販売され、喫煙所も兼ねていたので随分にぎわっていました。
 
Around 1900, gas explosion accidents occurred frequently in coal mines.
Therefore, rather than the use of open flame lanterns, glass covered lanterns were mainly used for safety reasons.
Ignition of any kind was not permitted underground.
When lanterns required maintenance miners brought them to a maintenance service man called a Hiban in the pit.
Hiban was generally an old retired miner who performed the service at designated, well ventilated open spaces.
As he also sold cigarettes, the place was always crowded with miners as it was the only place underground
where miners were allowed to smoke.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4384)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.