山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号110 タイトル:ササベヤ

最終更新日:
 
110
(解説文要約)
坑内にササベヤと呼ばれる事務所がありました。
語源は、「書写部屋」や「ささやかな部屋」とも言われています。
大手の炭坑は、坑内から坑外へ電話が繋がっていたため、ササベヤがない場合もありました。
大正7年、ササベヤでダイナマイトが大爆発を起こして被害が出た事件が上部に書き込まれています。
 
 
 
 
In the coal mine underground, there was sometimes an office called Sasabeya.
These Sasabeya existed in mainly in smaller mines. 
Large sized mines didn't have the need for an office underground
but rather could use a telephone line to communicate with the office above ground.
The text written above the painting explains an accident which occurred in one Sasabeya in 1918.
It was a serious dynamite explosion killing many miners.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4383)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa