山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号082 タイトル:むかしヤマの女(5)

最終更新日:
 
082
(解説文要約)
切羽から運搬坑道まで石炭を運ぶと、スラ棚と呼ばれる炭函の高さぐらいの棚があり、
そこから炭函に石炭を直接流し込みます。
能率的ではありますが、炭函が来ないときは、切羽に石炭が溜まり、作業が進みません。
 
 
 
 
 
This type of platform was called a Suradana,and was placed where two drives met.
One drive is the main drive where coal skips ran, and another drive is the narrow drive reaching to the coal face.
This Atoyamais loading a box of coal directlyinto theskip.
While this was very efficient, there wasn’t always an empty skip available.
Thus, coal would begin to hinder the hewers because of the coal face getting backed up with coal.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4378)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa