山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号080 タイトル:むかしヤマの女17

最終更新日:
 
080
(解説文要約)
空の炭函が降りてくると後山たちは函の取り合いをするため、喧嘩が絶えませんでした。
そこで明治37年頃、函を平等に分けるルール作りがなされたようです。
余った炭函は左側に描かれているように手ぬぐいでくじ引きをして分け合っていました。
明治37年というと日露戦争開戦の年。
国民が一つになろうという風潮からではなかったか、と作兵衛翁は記しています。
当時はヤマに限らず女性の間で、前髪が庇(ヒサシ)のように飛び出す髪型が流行っていたそうです。
 
 
Quarrels among the Atoyama, or the carriers of the coal, often would break out who's turn it was to use the next empty coal skip. Therefore, around 1904, a rule was set on how to distribute the skips equally.
As depicted in this painting, carriers would use their towels in a drawing to decide who would get the next coal skip.
1904 marks the year that the Russo-Japanese War broke out.
Sakubei remarks that this cooperative move could be seen as a national trend
when Japanese citizens were trying to strengthen their feelings of nationalism.
Meanwhile, on the right side of this painting in the maple leaf shaped frame,
you can see another trend that was popular for the time: the hairstyle among the women.
They wore the front of their hair jutting out some what like the eaves of a roof top.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4376)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa