山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号071 タイトル:セナを担う女の後山

最終更新日:
 
071
(解説文要約)
ご覧の運搬具を「セナ」と言います。前後合わせて60キロほどの石炭を運びます。
前側のカゴを45度以上傾けないと運びづらかったようです。
左手に持っているのは「シュモク」という杖です。
長さが10センチほどの短い杖を使っていました。
 
 
 
 
This carrier is shouldering a carrying tool called Sena.
In the set of baskets, they could carry approximately 60 kilograms of coal at one time.
They had to tilt the front basket at more than 45 degree angle in order to carry it.
The stick in her left hand was called Shumoku, and was as short as 10 cm.
While being quite a short stick it helped the carriers to keep their balance.

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4372)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa