山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号066 タイトル:むかしヤマの女(3)

最終更新日:
 
066
(解説文要約)
後山が石炭を運び出している姿を描いています。
左側の石炭が入った入れ物は「スラ」と呼ばれるものです。
竹製のカゴで滑りやすいように底にソリのようなものがついています。
傾斜がゆるい所では、石炭を引き上げて運んでいました。
足掛かりを良くしたハシゴ形のコロで、スラの滑りを良くします。
後山が肩にかけている引き綱は「カルイ」と呼ばれるもので麻で出来ていました。
 
 
This is a picture of a scene in which the carrier of the coal, Atoyama, is pulling out coal from the coal face.
The basket filled with coal, seen at the bottom left hand corner of the picture, is called Sura.
It is a bamboo basket with a pair of runners attached to its bottom.
The Atoyama carried up coal using this Sura when the slope was relatively mild.
The ladder like track called Koro, doubled as secure toeholds and as a smooth track for the Sura.
Miners also dug small holes in the ground for toeholds instead of Koro when the ground was solid enough to sustain the weight.
The straps being used to pull the Sura are made of hemp and called Karui.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4369)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa