山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号062 タイトル:昔のヤマ

最終更新日:
 
062
(解説文要約)
切羽が増えて、カネカタという運搬坑道が広がっていくと、通気の改善をしなければなりません。
このため、排気の坑道が運搬坑道と交差する十字路には、天井を切り上げて板張りの風橋を作ります。
坑道が増えると必然的に風橋も増えていくので、経費がかさむのが悩みの種でした。
 
 
 
 
 
As the number of coal facesincreased, Kanekata, the coal car drivesincreased in complexity as well. 
In order to improve air circulation inside the mine, wooden wind tunnels were installed where exhaust drives and coal car drives met. The greater numbers of drives, the more these wind tunnels were necessary.
The construction for adding new drives needed more wind tunnels which troubled the owners of the collieries because of the huge expense.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4368)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa