山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号042 タイトル:ボタコヅミ

最終更新日:
 
042
(解説文要約)
この炭坑記録画には、ボタを集めて天井を支えている様子が描かれています。
大きなボタで四角い囲いを作り、中に小さなボタなどを詰め込みます。
これをボタコヅミといいます。
大きなボタがない炭坑では、竹の輪で柱を立てて囲い、その中に小さなボタを詰める方法もありました。
 
 
 
 
This pair of miners is gathering rocks to support the drive ceiling.
By making a square outlineand placing smaller rocks in its center to strengthen the foundation,
they are able to produce a rock pillar that goes up to the ceiling.
This structure is called Botakozumi.
In coal mines where large rocks were scarce,
they constructed the pillars using large bamboo rings which they would then stuff with small rocks.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4361)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa