山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号025 タイトル:むかしヤマの人びと11

最終更新日:
 
025
(解説文要約)
坑道を安全に保つためには、木枠で天井や壁を支える必要があります。
この木枠の修理を専門に行うのがシクリカタと呼ばれる人々です。
この絵にはシクリカタが古くなった危険な場所の木枠と木枠の間に、
マワクという新たな木枠を入れている様子が描かれています。
絵から、二本の柱をしっかり地中に埋め込んでいることがわかります。
穴を掘らず、柱をただ地面に立てるだけの不完全な木枠を、人形枠と呼んでいました。
 
 
Wood frames were used to support the integrity of the walls and ceilings of the drive for safety reasons.
Shikurikata were the specialists who did the repairs on these kinds of wood frames.
In this picture, a pair of Shikurikata is installing a new timber frame called Mawaku
between the two props where the frames had become old and dangerous.
You can see that the feet of the two props are buried deep into the ground.
This keeps the framework stable and is ideal.
Meanwhile, there were other types of woodframes known as Ningyowaku
where the feet props were left unburied and stood unstable on the ground.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4357)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa