山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号014 タイトル:後山だけの切り出し

最終更新日:
 
014
(解説文要約)
普通は先山と後山の二人一組で採炭作業を行いますが、
先山が休むと一人で、採炭と運搬を行う頼もしい女性もいました。
こういった一人仕事を「キリダシ」と言います。
この女性が使っている石炭をかき込む道具はガンヅメと呼ばれるものです。
手前においてある道具はツルハシです。
 
 
  
Coal mining was traditionally done by a pair consisting of a hewer, called Sakiyama,and a carrier, called Atoyama.
This was traditionally a married couple.
But if the Sakiyamawas absent for some reason, some brave and dependable female Atoyamawouldtakecare of both tasks herself.
This kind of work when done alone was called Kiridashi.
The tool thisAtoyamais using to rake in coal is called Ganzume. The pickaxe lying on the floor is called Tsurubashi.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4354)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa