山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号548 タイトル:山伏

最終更新日:
 
548
(解説文要約)
明治時代の炭坑町には、山伏がほら貝を吹き鳴らしながらやってきていました。
おそらく英彦山の山法師でしょう。
ヤマの人々が縮みあがるような寒さの中、彼らは各家庭を回り、水を求めます。
もらった水を一か所に集め、フンドシ一つになって肩から浴びます。
人々が厚着している中、裸になって水を浴びる山伏の姿を見て、
炭坑町の人々はとても驚いていたと作兵衛翁は記しています。

 
Blowing trumpet shells, mountain pilgrims called Yamabushi, sometimes visited coal mine communities around 1900.
They were probably Buddhist monks living on Mt. Hiko.
On a freezing cold day, theseYamabushi would visit each house asking for a bucket of cold water.
After gathering all of the buckets in one place, they would strip off their clothes remaining only in their undergarments,
traditional underwear called Fundoshi, and start performing cold water ablution.
Sakubei reports on how amazed all of the heavily dressed coal miners were when they saw these Yamabushi braving this ascetic practice.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4342)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa