山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号541 タイトル:鋳掛け屋(イカケヤ)

最終更新日:
 
541
(解説文要約)
家庭にあるご飯を炊くハガマや鍋、それに鉄瓶などの鋳物の修理をする職人を描いた作品です。
当時の金属製品は破損が多かったので、それらを修理する鋳掛け屋が時々やって来ていました。
各家庭を訪ね、修理品が集まると空き地に場所を取り、作業を始めます。
鋳物の裂け目をねり砂で囲み、溶かした鉄を流し込み修理します。
流し込む鉄は、真鍮が最適だったそうです。
天秤棒でかついだ道具箱には、コンパクトなフイゴなどが詰まっていたと作兵衛翁は記しています。

 
This painting is of a kitchen ware repairman. 
He repaired the iron castings of rice cookers, iron kettles, and pots and pans. 
Most kitchen utensils of that day were made of metal casting, prone to breaking easily. 
The repairman would go door to door collecting broken pots and pans and bring them into an open space outdoors,
where he would begin working.  
By surrounding the crack of a broken casting with clay, he then poured molten iron in the gap to repair the item. 
The most suitable metal to fill the crack was brass.
The boxes which the repair man is carrying with a pole were filled with small bellows, a furnace, and other repairing tools.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4341)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa